在宅ビジネス@在宅で稼ぐ高収入サイドビジネスとは?

在宅ビジネス@在宅で稼ぐ高収入サイドビジネスとは?
在宅ビジネスの情報です。在宅でサイドビジネスを始め高収入を得るコツを紹介します。パソコンを活用し在宅でビジネスをはじめ副収入を稼ぎましょう。誰でも出来る簡単な在宅ビジネスのやり方を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://13110.blog90.fc2.com/tb.php/10-8eb8c4c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

在宅ビジネスとインターネット2

在宅ビジネスインターネット

インターネットが商用利用され始めた10年以上前のことです。
テストを兼ね、ECサイトで化粧品の販売をした経験があります。
『結果、インターネットで商品を売っても売れないのです・・・』

購入者はインターネットで情報だけ収集して、
商品はリアルショップで購入するのです。
現在のように在宅でパソコンを利用した情報配信がビジネスになる
ようなことは夢にも考えられませんでした。

「それじゃあ」と思い、
「ネットで購入したら2割引き」
という旗を揚げました。

でも、お客はリアルショップで購入するのです。

「???」

当時、いつも、
「?」マークが頭の上に3つ以上は付いていました。

「インターネットってなんだ?」

今までのビジネスの常識では、
「販促メディアで宣伝し→商品が売れる」でしたが、
ネットは違うのです。

まさしく「半導体」なのです。

「お金」という物資を通し易い「導体」と、
通さない「絶縁体」の中間なんだということに気付きました。

「こりゃー、この世のモノじゃないな!」
という感覚を持ったのを覚えています。

「異次元から来たモノ」と考えるようにしました。

さて、この異次元から来たモノ、
絶縁体の性質なのですが、ある条件のもと導体に変わります。

ある条件が揃うと、「お金」という物質を良く通すのです。

この条件を揃えることが、
在宅ビジネスにおいての「インターネット使用上の注意」です。

「条件」とは、インターネット空間に、
「仮想トンネル」を作ることです。

情報発信者とネット閲覧者の間に、
仮想のトンネルを作ってしまうことです。
ここがパソコンで稼ぐ在宅ビジネスの成功のコツです。

ネット閲覧者は、インターネット上の情報は無料という意識を持っています。

そして、『自分の抱えている問題を解決するために』
『解決策』の情報を求めてネットを検索します。

そこにセールスを掛けても売れません。
例えば情報商材を在宅ビジネスとして販売しても売れません。

『情報』を求めて来るので、『情報』を返すしかありません。

でも、その情報の返し方によっては、
双方の間に仮想トンネルを構築することができるのです。

『信頼』『親しみ』『興味』『仲間意識』『理解してくれる人』
などの人間的な要素で仮想トンネルを作ります。

するとインターネットが、
ブロードキャスト状態からプライベート状態に切り替わります。

「1」対「全体」から
「1」対「1」となります。

あまり明るい話題ではありませんが、
ネット上で知り合い一緒に自殺するなんて事件が
まれに発生します。インターネット恐るべしです。

全然知らない人同士が、ネットをきっかけに、
「死」を共存するのですよ・・。(ひえ~驚き)

ネットのパワーは物凄いものがあり、
使い方を間違えると死んでしまいます。
使用上注意してください。


くれぐれも人を殺さないでください。(本当だよ)

在宅ビジネスでの商材の販売の話に戻りますが、
情報発信者とネット閲覧者の間に仮想トンネルができ、
プライベート接続されると、『有料情報』を通すことができます。

在宅ビジネスが動き出します。

そして、大切なのは商材を売る目的だけで、
プライベート接続をするのではなく、
仲間として「GIVE」することです。

まずは、ネット閲覧者の悩みを解決するという
視点に立つことを忘れないでください。
ここに在宅ビジネスの成功の鍵が隠されています。

まさに「GIVE & TAKE」の世界です。
「GIVE」が先に来ます。
「TAKE & GIVE」ではないので注意しましょう!

さて、貴方はどんな『仮想トンネル』を作りますか?

正しい使い方をした、仮想トンネルが増えるに連れて、
生活を豊かにする情報がネットに流れ、
人々に生活が向上し、新しい社会ができます。
在宅ビジネスが世の中を変えることになるかもしれません。

その仮想トンネルの突貫工事が
在宅ビジネスを展開する人の仕事なのかもしれません・・・。
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://13110.blog90.fc2.com/tb.php/10-8eb8c4c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

在宅ビジネス

Author:在宅ビジネス
FC2ブログへようこそ!

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。