在宅ビジネス@在宅で稼ぐ高収入サイドビジネスとは?

在宅ビジネス@在宅で稼ぐ高収入サイドビジネスとは?
在宅ビジネスの情報です。在宅でサイドビジネスを始め高収入を得るコツを紹介します。パソコンを活用し在宅でビジネスをはじめ副収入を稼ぎましょう。誰でも出来る簡単な在宅ビジネスのやり方を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

在宅ビジネスは想像することから

在宅ビジネスの成功者は自由人が多いです。
好きな時に好きなパソコンワークをし収入を得ています。

「自由人」は憧れの言葉です。

でも「憧れ」で終わらせるものではありません。
誰にでも稼ぐことのできる収入源です。

在宅ビジネスで好きな時に好きなことだけすると聞くと、
働き者の遺伝子を持つ多くの日本人は
「自分にはできない」「無理だ」という思考をはじめます。

また在宅ビジネスで楽して稼ぐことに罪悪感を持つ人もいます。
「まじめに働かず者喰うでからず・・」と。

遺伝子レベルに組み込まれてしまっているのですね。
でもこれ稼げますよ。簡単に。。

在宅ビジネスで稼ぎたいのなら、
まず第一歩として自分にできると決めてください。
と同時にバーチャルな世界で在宅ビジネスを稼いでしまってください。

そうです。イメージの世界です。想像です。
想像は、現実を創造します。物事を実現させる力があります。

シンクロニシティーという言葉を聴いたことありますか?
共時性のことです。

人、事、場面、物、あなたの想ったことを実現するために
必要なすべてのものと同じ時に、同じステージに立つということです。

せっかく「在宅ビジネス」という収入源を知って、
稼ぎたいと想って情報を検索しこのサイトに来ました。

でも多くの人は情報を知って満足するか、
自分には縁のないこととあきらめてしまうのですよね。

日本人の遺伝子が働くからです。

でも実は自分がやりたいと想ったことは
人生で実現できるのようになっているようですよ!

「無理!」「できない!」という思考だけでは持ちたくないものです。

在宅ワークで稼ぐ第一歩は、
「自分にもできる」と想うところからです。

そして在宅ワークで稼いでいる自分を想像(創造)することからはじめましょう。

在宅ビジネスとさがあがり

在宅ビジネスは始めに事を起こすのが大変です。
だから、多くの方が起業できないのだと思います。

そして諦めてしまう・・。

でも、これ大変だけれど誰にでもできることだと思います。

子供の頃、鉄棒の「さかあがり」で苦労した経験はありませんか?
さかあがり以外にも、

ハーモニカ、

ピアノ、

デコーダ、

跳び箱、

どれも出来ないうちは大変です。
はじめのうちは何度やってもできません。

でも不思議なことに、
練習を続けているとあるタイミングを境に
できるようになってしまいます。

一度出来ると、
続けて出来るようになります。

そうなると、
簡単に何回でも出来ます。

高度なスキルを学んでできるようになった訳ではありません。
専門家から学んだ訳ではありません。

在宅ビジネスを始めた方、
在宅ビジネスに挑戦しようとしている方へ、
成功のポイントはここにあります。

鉄棒のさかあがりのように、あるラインをクリアできるかどうか?
に掛かります。

「私にはできないー」
「自分には能力がない」
と言い訳をしたら負けです。

誰にでも在宅ビジネスを成功させる能力はあります。

子供の頃、何かに挑戦して、
できるようになったことを思い出してください。

できるのです。
心の持ち方一つです。

「こんなこと出来ない!」
という声が喉から出そうになったら呑み込んでください。

そして、「在宅ビジネスは成功する」と「できる」という言葉に変換して声に出してみてください。

きっと道は開けます。

在宅ビジネスの初心者の方、
目標をまず月5万円位におき、
できるまで挑戦して繰り返しましょう。

駄目だと思わずに色々考えて見るのがコツです。
地道な努力しかありません。

貴方の在宅ビジネスの成功を祈ります。
子供のときに挑戦したさかあがりを思い出してください。

在宅ビジネスと商売繁盛

在宅ビジネス成功のコツ(商売繁盛きっかけ)

僕の父は物流会社を経営していました。

今から15年以上前ですが、
僕は跡継ぎをいうことで、
大手コンピューター会社を辞めて
家業を手伝うことになったんです。

でも、当時はどうも父と肌が合わず
勘当同然に飛び出したんです。

「飛び出したのはいいが、何も仕事がない!」
という状況でした。

色々考えて、有機栽培の宅配ビジネスを始めたのです。
当時はパソコン1台で在宅ビジネスで稼ぐなどありませんから、
超リアルな商売を始めたわけです。

ビジネスをいっても、
資金がなかったので、
個人商店の宅配版です。

なぜ宅配版かというと、
店を構える資金がなかったからです。

東京の自然食品店に配送に来ている、
茨城県の農業の方を見つけ、
配達のついでに自分のところにも
商品を分けて欲しいとお願いしました。

「通り道だからいいよ!」
とOKを貰いました。

翌早朝、地方で取れた有機野菜が
僕がオフィスとして借りた1ルームのアパート
の前に届くようになったんです。
(ある意味在宅ビジネスかも・・)

それを、数種類組み合わせてパックにし、
『朝とりたて有機野菜パック』
の出来上がり!

その野菜パックに
他で用意したお米とか、食品を
自分の持っていたワゴン車に入れて
宅配を始めたのです。

ある日、茨城の農家より、
とれたてのにんじんが届いたのです。

そのにんじんには、
大きな葉っぱが付いていたんです。
(スーパーで買うと実の部分だけじゃないですか、
見たことがなかったんです。)

そこまでは有機栽培らしくて良いのですが、
問題は、実の部分が小さく葉っぱばかりなのです。

実の部分が大人の親指よりちょっと大きい位しかありません。

さっそく、
その農家にクレームの電話を入れました。

「まだ育っていないような野菜を送らないでください!」
と言ったのです。

でも私が無知でした。
にんじんの葉っぱの方が商品だったのです。

にんじんの成長初期の葉っぱを
てんぷらにして食べるのです。

「にんじんの葉の天ぷらって知っていますか?」
私はこのビジネスをはじめるまで知りませんでした。

にんじんが成長してしまうと、
葉っぱの栄養が実の部分へいってしまうので、
その前に葉っぱを食べる習慣があるとのことでした。

私もさっそく天ぷらにして食べたのですが、
旨いこと!旨いこと!

あの味は今でも忘れられません・・。

それに、にんじんの葉っぱの食べ方を
配送先の家で主婦の方にするとうけちゃうんです。

「へー、そうなの?」
「本当においしかったよ!」
と言って貰えました。

商売繁盛です。
商売は何がきっかけになるか分かりませんね!
在宅ビジネスも進めるうちに商売が好転するきっかけが必ずあります。

それをゲットしてください。

在宅ワークで成功するタイプ

在宅ビジネス成功するタイプの人はどういう人か?

それは「試行錯誤」と「創意工夫」ができるタイプの人です。

人それぞれ人生が違うように、
在宅ビジネスのやり方も人それぞれ違います。

基本的なネットビジネスのノウハウは同じでも、
そこにその人の色が加わっていきます。

その色を加えられる人が成功をしていきます。
色の加える方法は試行錯誤と創意工夫しかありません。

「そんあことできないーーっ」
という方もいるかもしれません・・。

でも、これはもともと誰にでもできます。
人間はもともと創造できる生き物だからです。

子供の頃を思い出してほしい、
思い出せなきゃ、公園かどこかで子供の様子を観察してみてください。
そこには在宅ビジネス成功のヒントがあります。

何もない広場でも自然と遊び始めますその辺りに落ちてる石とか、木の枝とか、葉っぱとかを遊び道具に変えてしまいます。

数人集まればルールを作り遊び始める。

「だーるまさん!転んだっ!」
とかいうやつです。

警ドロ、

缶けり、

女の子であれば、ままごとか、

実は人間は試行錯誤と創意工夫の天才なのです。

誰にでもできます。

在宅ビジネスも同じです。

色々なモノを見ることです。
色々な角度から見ることです。

そういう目で見ると、
違ったものが見えてきます。

それが在宅ビジネスの展開のヒントになり、
「自分はこんなやり方をしてみたい!」
「これやったら楽しそう!」
「これやったら面白そう!」
とやりたいことが出てくる。

在宅ビジネスはある意味子供の遊びと一緒です。
心がウキウキとして来ます。

人は自分の進む道に沿うことをしようとすると、
心がウキウキし楽しくなります。

逆に自分のエゴから選択したことをやろうとすると、
心がウキウキとしません。

どこかに後ろめたさが残ります。

コツはウキウキしたことを選択し、
実際に行動に移せるかどうかです。

子供の様にすればよいのです。
小さい子供は正直で純粋です。

そういった心で在宅ビジネスをすると、
売れる仕組みが見えてきます。

自分が仕入れた商材のノウハウをコアにし、
試行錯誤、創意工夫ができるようになります。

「売込み」と「売る」の違いが分かるようになります。
「儲ける」と「稼ぐ」の違いが分かるようになります。

楽しく利益を産む在宅ワークの誕生である。

「うまくいかねーなあー」と思った時、

それが、試行錯誤の時、創意工夫の時、チャンス到来である。
試行錯誤、創意工夫ができるひとが成功できるタイプの人かも。

在宅ビジネスの情報商材選び

在宅ビジネス情報商材選び

リアルビジネスの世界で起業を考えた時、
一つの選択肢にフランチャイズがあります。

コンビニなどチェーン店に加盟し、
ビジネスを始める方法です。

そういう形で起業した人の中には高額な加盟金を払い、
結局売上があがらず借金のみが残り問題となるケースがあります。

「なぜそうなるのか?」

それは「儲かるかどうか?」という「欲心」でモノを見るからです。

「どこかにおいしい話はないか?」と考えます。
「うまい儲け話はないか?」と考えます

そういう「宜しからぬ欲心」でビジネスを捉えると失敗します。

私はリアルビジネスの世界でこういうケースを多々見てきた。
上手く行かなくなると、そのしわ寄せが弱い部分にいきます。
一番弱い立場は加盟した人です。無理が無理を呼び、状態は最悪、人間関係はめちゃくちゃになっていきます。

でも、事の始まりは「儲けてやろう」という欲心にある。

話を在宅ビジネスをはじめる際に情報商材選びに移します。
情報商材の購入の場合であれば、「この商材を買えば、自分は儲かるのか?」と判断しがちです。「自分に儲け話を運んで来てくれるのか?」が購入の判断基準になる。

そういう意味で、商材が「正しいか?」「正しくないのか?」
真偽を付けたがります・・。

在宅ビジネスにはいろいろなやい方があります。
初心者の方はとりあえずは0なので、元になる情報商材のマニュアルが必要でしょう。

情報商材を購入して起業しようとする場合、
情報商材選びで「欲心」を出さないことがポイントです。

「儲かる話」を基準に探すと失敗します。

「儲かる話」ではなく、
在宅ビジネスの基本が学べるかということを大切にしてください。

そして基本を身につけたらあとは、
自分の力で試行錯誤、アレンジ、工夫しビジネスを進めます。

自分のエキスを注入することで
貴方の在宅ビジネスは成功へと加速していきます。
そうやって成功に近づいていきます。

情報商材選びの際は、ホームページからの誘惑より、
第三者的な意見、体験者の声などをネットで検索し、
在宅ビジネスの基礎を身につけられる商材を選択したください。

ゴミ商材に引っかからないように。

在宅ビジネスを遊び感覚で進めてみる

子供が遊ぶように在宅ビジネスをするのが成功のコツです。

在宅ビジネスは一人で家の中でパソコンに向かう時間が多いと思います。うまく行かないときは暗く落ち込んでしますときもあるかもしれません。そんな時は遊び感覚で仕事をしてみては如何でしょうか?

例えばパズル感覚でビジネスをしてみる。
そうすると、『ジグゾーパズルの絵が見えた!』という瞬間が来ます。

ピース1個1個には何が描かれているか分からない・・・。
検討も付かない・・・。

でも、そのピースが塊りをなすと、
その部分に描かれているイメージが涌き上がる。

その塊りが1個、2個、3個・・・
と増えるにしたがい全体像が見えてくる。

在宅ビジネスの高収入を得るの全体像が見えてきたりします。

始めのことは、
「パソコン1台でどうやって稼ぐのだろう・・」
「なにをやったらよいのだろう・・」
「???」
の状態から皆スタートを切ります。

情報商材などの「稼ぐマニュアル」と購入して作業を進める。
在宅ビジネスの成功に向けて進むと幾つもの壁にぶつかります。
マニュアル通りに進むもの、進まないものがあります。

マニュアルに書いていないことは自分で解決しないとなりません。
そこで大切なのは自分なりに試行錯誤してみることです。

あきらめないで、人に頼らず自分で試行錯誤する気持ちを持つことが大切です。

壁を1つ乗り越えると、
パズルの一塊が出来ます。

塊りがいくつか出来ると塊り同士がつながりははじめます。
その繰り返しでパズルの全体像が浮き上がってきます。

とにかく深刻に考えずに、楽しい気持ちで試行錯誤しながら
遊び感覚で在宅ビジネスを進めてみる。

その先には成功が待っている。

在宅ビジネスとインターネット2

在宅ビジネスインターネット

インターネットが商用利用され始めた10年以上前のことです。
テストを兼ね、ECサイトで化粧品の販売をした経験があります。
『結果、インターネットで商品を売っても売れないのです・・・』

購入者はインターネットで情報だけ収集して、
商品はリアルショップで購入するのです。
現在のように在宅でパソコンを利用した情報配信がビジネスになる
ようなことは夢にも考えられませんでした。

「それじゃあ」と思い、
「ネットで購入したら2割引き」
という旗を揚げました。

でも、お客はリアルショップで購入するのです。

「???」

当時、いつも、
「?」マークが頭の上に3つ以上は付いていました。

「インターネットってなんだ?」

今までのビジネスの常識では、
「販促メディアで宣伝し→商品が売れる」でしたが、
ネットは違うのです。

まさしく「半導体」なのです。

「お金」という物資を通し易い「導体」と、
通さない「絶縁体」の中間なんだということに気付きました。

「こりゃー、この世のモノじゃないな!」
という感覚を持ったのを覚えています。

「異次元から来たモノ」と考えるようにしました。

さて、この異次元から来たモノ、
絶縁体の性質なのですが、ある条件のもと導体に変わります。

ある条件が揃うと、「お金」という物質を良く通すのです。

この条件を揃えることが、
在宅ビジネスにおいての「インターネット使用上の注意」です。

「条件」とは、インターネット空間に、
「仮想トンネル」を作ることです。

情報発信者とネット閲覧者の間に、
仮想のトンネルを作ってしまうことです。
ここがパソコンで稼ぐ在宅ビジネスの成功のコツです。

ネット閲覧者は、インターネット上の情報は無料という意識を持っています。

そして、『自分の抱えている問題を解決するために』
『解決策』の情報を求めてネットを検索します。

そこにセールスを掛けても売れません。
例えば情報商材を在宅ビジネスとして販売しても売れません。

『情報』を求めて来るので、『情報』を返すしかありません。

でも、その情報の返し方によっては、
双方の間に仮想トンネルを構築することができるのです。

『信頼』『親しみ』『興味』『仲間意識』『理解してくれる人』
などの人間的な要素で仮想トンネルを作ります。

するとインターネットが、
ブロードキャスト状態からプライベート状態に切り替わります。

「1」対「全体」から
「1」対「1」となります。

あまり明るい話題ではありませんが、
ネット上で知り合い一緒に自殺するなんて事件が
まれに発生します。インターネット恐るべしです。

全然知らない人同士が、ネットをきっかけに、
「死」を共存するのですよ・・。(ひえ~驚き)

ネットのパワーは物凄いものがあり、
使い方を間違えると死んでしまいます。
使用上注意してください。


くれぐれも人を殺さないでください。(本当だよ)

在宅ビジネスでの商材の販売の話に戻りますが、
情報発信者とネット閲覧者の間に仮想トンネルができ、
プライベート接続されると、『有料情報』を通すことができます。

在宅ビジネスが動き出します。

そして、大切なのは商材を売る目的だけで、
プライベート接続をするのではなく、
仲間として「GIVE」することです。

まずは、ネット閲覧者の悩みを解決するという
視点に立つことを忘れないでください。
ここに在宅ビジネスの成功の鍵が隠されています。

まさに「GIVE & TAKE」の世界です。
「GIVE」が先に来ます。
「TAKE & GIVE」ではないので注意しましょう!

さて、貴方はどんな『仮想トンネル』を作りますか?

正しい使い方をした、仮想トンネルが増えるに連れて、
生活を豊かにする情報がネットに流れ、
人々に生活が向上し、新しい社会ができます。
在宅ビジネスが世の中を変えることになるかもしれません。

その仮想トンネルの突貫工事が
在宅ビジネスを展開する人の仕事なのかもしれません・・・。

サイドビジネスをはじめる決心は素早く

サイドビジネスを始めたいと思ったら、
決心素早くすることです。

副収入がほしい・・
将来は起業・独立もしたい・・

だれでもふと思います。
その時にインターネットで情報検索しますが、
結構その時だけで終わってしまう人も多いようです。  

今回は「偉人、成功者の言葉」を1つ。


決心する前に、
完全に見通しをつけようとする者は、
決心することはできない。

アミエル(スイス 哲学者)


人生において、
何かの決心をすることは怖いことでもあるため、
できるだけ見通しが欲しくなるのは当然だと思います。
サイドビジネスと始めようとしたときも
少額でも初期投資が必要だったりリスクがあるからです。

でも、どんなに考えても、
完全に見通しが立つことはないのです。

将来のことには、常に不確定な要素がついてくるので、
完全に見通しが立ってから決心しようとするということは、
結局、決心しないということと同じなんですね。

在宅ビジネスを成功させるためには、
必要な決心を素早くすることが、
とても重要なことだと思います。

在宅ビジネスとパソコンの知識

在宅ビジネスパソコン知識

パソコン1台とインターネットの接続環境があれば、
手軽に在宅ビジネスが始められます。
しかし、手軽に始められるといってもパソコンの基本知識が必要です。

IT世代になり多くの人がパソコンを使えるようになりました。
一番ネックなキーボードの操作やWINDOWSの操作が出来る方が多くなりました。

でも在宅ビジネスをするならもう一段上のパソコンの知識を身につけていた方が展開しやすいでしょう。

パソコンの知識がないがために、
つまづき時間をロスしたり効率が悪くなることもしばしばです。

また在宅ビジネスはマニュアル本の通りに進める場合が多いですが、パソコンの知識があれば自分で応用が利かせられます。

ビジネスはどこか自分で試行錯誤する場面があります。
その時に基本知識をもっていないと壁を乗り越えられず
に止まってしまいます。挫折する場合が多々あります。

せっかく意気揚々と在宅ビジネスをはじめても、
つまらない些細なことでチャンスをつぶしたくはないものです。

このカテゴリーでは、パソコンの基本操作に加えて必要な知識、
・インターネット通信やネットワークの知識
・PHOTOSHOPなどのデザインソフトの知識
・HTML、ブログに関わることなどの知識
を紹介していきます。

PCを片手に在宅にいながら稼ぐ、
新世紀型のビジネスタイルを実現するサポートをします。

アイデア出しで在宅ビジネスの壁を乗り越えろ

ふと浮かんで来る時があるのです。

私、今年の7月迄はIT系上場会社で
セールスマネージャをしていました。

かなりの実績を残しましたが、
顧客へ提案営業する際に大変だったのはアイデア出しです。

ただの製品販売ではなく、「顧客の抱える問題を解決する」という、
すなわちソリューション営業をしていたのです。

そのアイデア出しですが、ふと浮かんで来る時があるのです。

風呂に入っている時、トイレの中、ブレインストーミングというアイデアの書き出しをしているとき、
まさしく、『浮かんで来る』
という感覚を覚える時があるのです。

こういう形で浮かんで来たときは、
必ず決まって大成功するアイデアなんです。

「井上陽水」という有名な音楽アーティストがいます。
名曲を数多く世に出しています。

その井上陽水の記事に、
「作曲をしていると、音符が降りてくる」
と書いてあったのを覚えています。

発明家なども、そういったことを言います。
私も数年前から、そんな感覚を感じるようになりました。

営業という仕事の中で、
「明日までに提案書をまとめてお客へ持っていかなければならない」
という場面が多かったのです。

最初は何もアイデアがなく困っていました。
でも、もがき苦しんでいるうちに、
浮かんで来るようになったのです。

コツを掴んでからは、コントロールも利くようになって来ました。

データを収集しインプットします。
そして、「グッドアイデア頼むぜ!」と自分に言うのです。

その後、放っておくと、
ふと、浮かんで来る!

こういうアイデアは本当に当るのです。

まるで、「天使が降りて来て耳元でささやいている」という感じです。

在宅ビジネスを展開しはじめると、
必ず壁にぶつかります。壁を乗り越えないとならない場面が来ます。

そんなとき壁を乗り越えるためにアイデアが必要です。
アイデア出しで在宅ビジネスの峠を越えていきましょう。

練習次第でだれでもできることです。

在宅ビジネスとインターネット

21世紀の主役は、サイドビジネスとして在宅ビジネス
堅実に取り組んでいる人かも知れません。

貴方は「インターネットってなんだ?」
と考えたことあります?

今から10年以上前です。
よく覚えていませんが、Windows3.1とかいうOSで、
電話線を利用してダイアルアップでインターネットへ繋いでました。

現在の光ファーバーを利用した在宅ビジネスマンには考えられない世界かもしれません。

その頃、インターネットのビジネス利用がはじまり、
私もなぜか?そのタイミングでIT絡みの仕事をするようになりました。

「ネットは凄い!」という声は聞こえて来るのですが、
実際にインターネットで稼いでいる会社は、
アダルト系、出会い系を中心とした一部企業でした。

当時、企業のホームページ立上げの仕事をしていましたが、
インターネットで商品を売っても売れないんです。
在宅でブログやホームページで稼ぐビジネスなど考えられませんでした。

ある化粧品商材で実験をしてみた結果です。

購入者はインターネットで情報だけ収集して、
商品はリアルショップで購入するのです。

「それじゃあ」と思い、
「ネットで購入したら2割引き」という旗を揚げたのです。

でも、お客はリアルショップで購入するのです。

「???」

当時、いつも、
「?」マークが頭の上に3つ以上は付いていました。

「インターネットってなんだ?」

今までのビジネスの常識では、
「販促メディアで宣伝し、商品が売れる」でしたが、
ネットは違うのです。

まさしく「半導体」なんです。

「お金」という物資を通し易い「導体」と、
通さない「絶縁体」の中間なんだということに気付きました。

「こりゃー、この世のモノじゃないな!」
という感覚を持ったのを覚えています。

「異次元から来たモノ」と考えるようにしました。

それから、10年が経ちましたが、
最近感じるのは、この異次元から来たモノは、
人々の生活を変えてしまうツールなんだと感じています。

インターネットを利用した在宅ビジネスは、
パソコンとインターネット接続の環境さえあれば、
何時でも、何処でもできます。

休日にどこかへ遊びに行っている間も、
疲れて休んでいる間も、
寝ている間も、
インターネットが24時間365日、
貴方の代わりにビジネスを宣伝してくれます。

それに、在宅ビジネスは誰でもできるのです。
会社員だって、主婦だって、ニートだって、
誰でも挑戦できます。資格はいりません。

特に会社勤めをしていて時間の自由が利きづらい人でも、
手軽に副業、サイドビジネスが始められてしまいます。
高収入を稼ぐこともできます。

副業というと家の中でのルチンワークを想像しますが、
アフィリエイトに代表する在宅ビジネスは、
波に乗り出すと起業することもできるのです。

仕組み(システム)を作り上げれば、
準不労所得を稼ぎ始めます。

これから5年間の内に、一番大きく変わるのは、
「人々の暮らし」だと思います。

会社勤めをしている人の生活が変わります。
今のように、朝通勤電車に揺られて会社に行って、
残業して深夜に帰宅する様なワークスタイルの方が
かなり減ると思います。

小さな子供がいて外で働けない主婦の生活が変わります。
在宅ビジネスでアイデアを使い、高収入を得る人も、
多数出てくるでしょう!

とにかく自由な時間の使い方ができる
ワークスタイルを持つ人が多くなると思います。

気付いた人から、
自由な時間と不労所得を手中に収めていくのかと思います。

早咲きの桜達が、
今在宅ビジネスに真剣に取り組んでいます。

「在宅でパソコンを使い副業にできないものかと、」
「在宅でパソコンを使いサイドビジネスにできないものかと、」
と試行錯誤しています。

そして、在宅ビジネスで成果を出し、
副業として、サイドビジネスとして、
柱を建て始めています。

アメリカでは、自由な暮らしをしている方が多いと聞いています。
人口の30%が年収3000万円以上だそうです。

しかも殆どが社長1人、社員2人といったSOHOという形態で
仕事をしているそうです。

日本も近い将来そうなるのでしょう!

でも、この異次元から来たモノ、
簡単には「お金を通さないですよね!」

どうやら「使用上の注意」のようなものがあって、
そのルールを守らないと「お金」を通さないんですよ!

「使用上の注意とは何か?」

ここに気付くことが在宅ビジネスの成功のつぼかも。

次回以降も、在宅ビジネスでライフワークの実現と
テーマを掘り下げていきたいと思います。

在宅ビジネスの罠

在宅ビジネスの成功者は、年間数千万円以上稼ぎます。

そして成功した実績をノウハウにまとめ、
情報商材として販売し、さらに売上を伸ばしていきます。

そいいう成功者のブログやホームページを見ていると、
ついつい自分も出来そうな気になります。

そこまでは、大変良いことだと思います。
夢を見る、夢を追いかける、実現に向けて努力する。

人生においてこれほど、楽しく、充実した時間を過ごせることは、
他にありません。


問題なのはその後です。

数千万、数百万という大きな数値を見ると、
「1万円」、「2万円」の売上が小さく見え、
あたかも簡単に達成できてしまうような気になってしまいます。
在宅ビジネスの初心者が陥るです。


でも現実は違います。

私はリアルビジネスの世界で実績があり、
新規事業立ち上げ、新規顧客開拓に携わり、
いくつもの案件を獲得して来ました。

今までとった案件で一番大変な思いをしたのは、
どの事業の時も「1件目」の案件でした。

無から有にするのは、
思った以上に難しいことです。

ボートで言えば最初の漕ぎ出しが一番大変なのです。
大きな力を使うのです。

在宅ビジネスを始めたマーケティングやセールスの素人が、
内職とかアルバイト的な感覚で始めてうまくいくとは思いません。

在宅ビジネスを始めるのも立派な起業です。
きちんとしたビジネスマインドを持って始めないと失敗します。
初心者が陥る罠です。

在宅ビジネスの将来像

在宅ビジネスの将来像

私は以前、データセンター事業会社に勤めていました。
別名、インターネットデータセンターです。

どういう業務をしているかというと、

サーバーと呼ばれる、インターネット上へコンテンツ(データ)を配信する為の機器を、預かり管理する業務です。

頑丈なビルの中一杯に企業のサーバーが置かれていました。

今から数年前、インターネットのビジネス利用が盛んになり出した、
ネットビジネスなど在宅ビジネスの初期の頃です。

実は、一般的な情報配信をしている会社は皆大赤字でした。
インターネットの情報配信はお金にならなかったのです。
情報起業は夢の夢でした。

インターネットを利用する側に、
「お金を払って情報を買う」という意識はなかったのです。

どのサイトもかなり運営が難しい様子でした。
その中、インターネットで唯一黒字を出していた業種があります。

「どの業種か分かりますか?」

そうです。「アダルト」と「出会い系」です。

アダルトサイトの運営会社、出会い系サイトの運営会社だけが、
インターネットを利用してお金を生んでいるといったイメージでした。

そういった会社を訪問すると、
Tシャツにダボパンの数人の若い社員で、
机を囲んで、ガヤガヤ、ワイワイとなにかやっています。

よく見ると、机の上には、
札束(たぶん1億円位あった)がおいてあります。

売上から利益を分けていたのです。

一ヶ月の収入でマンションが買えるといった世界のところも多々ありました。

データセンター内のサーバーラックには、アダルトサイトや出会い系サイトのサーバーばかりが並んでいたのです。

利用規約ではそういったサーバーを置くことも出来ないデータセンターも、目をつむって、経営の為に預かり管理していたようです。

しかし、数年が経ち、アダルト、出会い系の情報にしか有料意識がなかった日本人が、だんだん変わり始めました。

そして今の在宅ビジネスに繋がります。
情報商材などを販売する情報起業です。

・競馬、パチンコなどのギャンブル系の情報商材
・ダイエット、恋愛、脱毛など悩み事を解決する情報商材
・起業してお金を稼ぐ情報商材

・・・
などの目的で情報をお金で買う人が出てきたのです。

もの凄いスピードで進化するネットの世界で、
次に来るのは何だと思いますか?

推移をみると、、人間の根本的な欲求を満たすための情報から
その上の知的な情報を必要とするように移って来ています。

次は間違いなく、「起業してお金を稼ぐ為の情報」
が伸びてくると私は考えます。

一個人であっても、パソコンとインターネットがあれば、
自宅でネットを活用して、在宅ビジネスが出来てしまう時代になっています。

一般企業が、製品企画部などの部署を設け、
莫大な人件費と広告宣伝費を掛けて商品を販促するようなことが、
パソコン一台で在宅で出来てしまうのです。

仮に、そうなれば、ビジネス社会の仕組みが大きく変わってしまいます。

それに感づいている一部の人は、ネットマーケティングの情報を仕入れ、マーケティング技術を磨いています。在宅ビジネスで稼いでいます。

今、巷で売られている情報商材は、
「アフィリエイトでサイドビジネスをする」
といったレベルでは止まらないと思います。
情報起業は進化します。

近い将来、上場大手企業から
「新製品を発売するから販促を頼む!」
といった依頼が、一個人に来るという時代が来そうです。
在宅ビジネス恐るべしです。

依頼された人は、サラリーマンのような会社勤めはしていなく、
身に付けたマーケティング技術を活かし、
好きな時に、好きな仕事を在宅でビジネスします。

そして、年間、億以上の高収入を得る。
だって、それに見合う仕事ができるのだから!

私にはそんな将来像が浮かんできます。

皆さんはどう考えますか?

在宅ビジネスで売上があがるきっかけ

私はIT業界の某上場企業でセールスをしていました。

不景気にも関わらず、セールスマン時代は売りました。
システム開発、アプリケーションソフト、通信インフラなどの商材です。

システム開発は公共関連だと大型案件が割とあるのですが、
公共関連ではなく、一般企業の案件で数億円規模の大型案件などを含め、新規受注を数々獲得して来ました。

それも自分の開拓力とコネクションのみを使ってです。

セールスマン時代は、とにかくマーケティングを勉強しました。
新規市場開拓能力を磨き、セールス活動において実績を残しました。

そんな私が在宅ビジネスとして情報商材のアフィリエイトを始めた時の話です。

メルマガを発行し、「ブログアフィリエイトで日給8万円、ブログとメルマガでつくる稼ぐ仕組みの作り方」という情報商材のアフィリエイト始めました。

在宅ビジネスをはじめ1週間は売れないどころか、
メルマガに貼ったリンクへのアクセスすらありませんでした。

2週間目に原因に気付きました。
早速実行してみると、売れ始めました。

1週間で約5万円売りました。

えっ、たった5万円と思う方もいるかも知れませんが、
2週間在宅でパソコンを操作しただけです。

さて、在宅ビジネスとしたはじめたアフィリエイトで売上があがるきっかけになったことは何か?

「アフィリエイトは●●●に気付くと売れ始める」

皆さん「●●●」を何だと思いますか?

私の場合、リアルビジネスの世界で売るということをやって来ましたので、スグに気付きました。

だって、ネットビジネスもリアルビジネスも「同じ」だからです。

皆さん「●●●」を何だと思いますか?

何がきっかけになったか考えてください!(続く)

在宅ビジネスとしてはじめる情報起業

インターネットの普及により新しい形のビジネスモデルが誕生しました。ネットビジネスです。

ネットビジネスも色々と種類がありますが、最近急成長したのは情報起業を呼ばれる、情報をインターネット上で販売するものです。

このビジネスが受けている点は在宅ビジネスとして誰でも簡単に始められ、しかも初期投資が少なくて済みます。

パソコン1台とインターネットの接続環境があれば在宅でサイドビジネスが誰でも簡単に始められます。

サイドビジネスの枠を超え本業とする人も多くいます。
中にはネットビジネスとして情報起業し、
年間億単位の収入を得る人も存在します。

とはいえ、在宅ビジネスも立派な起業です。
軽いのりのお小遣い稼ぎの感覚で始めてしまうと失敗します。

初心者の方は、まずしっかりと起業感覚を持ち、まずはサイドビジネスとして副収入を稼ぐことからはじめることを進めます。

このカテゴリは在宅ビジネス初心者がパソコンを活用し、情報起業でかせぐヒントを掲載します。ネットビジネスで副収入を稼げるようになるためのサポート情報をお伝えします。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

在宅ビジネス

Author:在宅ビジネス
FC2ブログへようこそ!

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。