在宅ビジネス@在宅で稼ぐ高収入サイドビジネスとは?

在宅ビジネス@在宅で稼ぐ高収入サイドビジネスとは?
在宅ビジネスの情報です。在宅でサイドビジネスを始め高収入を得るコツを紹介します。パソコンを活用し在宅でビジネスをはじめ副収入を稼ぎましょう。誰でも出来る簡単な在宅ビジネスのやり方を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

在宅ビジネスは想像することから

在宅ビジネスの成功者は自由人が多いです。
好きな時に好きなパソコンワークをし収入を得ています。

「自由人」は憧れの言葉です。

でも「憧れ」で終わらせるものではありません。
誰にでも稼ぐことのできる収入源です。

在宅ビジネスで好きな時に好きなことだけすると聞くと、
働き者の遺伝子を持つ多くの日本人は
「自分にはできない」「無理だ」という思考をはじめます。

また在宅ビジネスで楽して稼ぐことに罪悪感を持つ人もいます。
「まじめに働かず者喰うでからず・・」と。

遺伝子レベルに組み込まれてしまっているのですね。
でもこれ稼げますよ。簡単に。。

在宅ビジネスで稼ぎたいのなら、
まず第一歩として自分にできると決めてください。
と同時にバーチャルな世界で在宅ビジネスを稼いでしまってください。

そうです。イメージの世界です。想像です。
想像は、現実を創造します。物事を実現させる力があります。

シンクロニシティーという言葉を聴いたことありますか?
共時性のことです。

人、事、場面、物、あなたの想ったことを実現するために
必要なすべてのものと同じ時に、同じステージに立つということです。

せっかく「在宅ビジネス」という収入源を知って、
稼ぎたいと想って情報を検索しこのサイトに来ました。

でも多くの人は情報を知って満足するか、
自分には縁のないこととあきらめてしまうのですよね。

日本人の遺伝子が働くからです。

でも実は自分がやりたいと想ったことは
人生で実現できるのようになっているようですよ!

「無理!」「できない!」という思考だけでは持ちたくないものです。

在宅ワークで稼ぐ第一歩は、
「自分にもできる」と想うところからです。

そして在宅ワークで稼いでいる自分を想像(創造)することからはじめましょう。

在宅ビジネスとさがあがり

在宅ビジネスは始めに事を起こすのが大変です。
だから、多くの方が起業できないのだと思います。

そして諦めてしまう・・。

でも、これ大変だけれど誰にでもできることだと思います。

子供の頃、鉄棒の「さかあがり」で苦労した経験はありませんか?
さかあがり以外にも、

ハーモニカ、

ピアノ、

デコーダ、

跳び箱、

どれも出来ないうちは大変です。
はじめのうちは何度やってもできません。

でも不思議なことに、
練習を続けているとあるタイミングを境に
できるようになってしまいます。

一度出来ると、
続けて出来るようになります。

そうなると、
簡単に何回でも出来ます。

高度なスキルを学んでできるようになった訳ではありません。
専門家から学んだ訳ではありません。

在宅ビジネスを始めた方、
在宅ビジネスに挑戦しようとしている方へ、
成功のポイントはここにあります。

鉄棒のさかあがりのように、あるラインをクリアできるかどうか?
に掛かります。

「私にはできないー」
「自分には能力がない」
と言い訳をしたら負けです。

誰にでも在宅ビジネスを成功させる能力はあります。

子供の頃、何かに挑戦して、
できるようになったことを思い出してください。

できるのです。
心の持ち方一つです。

「こんなこと出来ない!」
という声が喉から出そうになったら呑み込んでください。

そして、「在宅ビジネスは成功する」と「できる」という言葉に変換して声に出してみてください。

きっと道は開けます。

在宅ビジネスの初心者の方、
目標をまず月5万円位におき、
できるまで挑戦して繰り返しましょう。

駄目だと思わずに色々考えて見るのがコツです。
地道な努力しかありません。

貴方の在宅ビジネスの成功を祈ります。
子供のときに挑戦したさかあがりを思い出してください。

在宅ビジネスと商売繁盛

在宅ビジネス成功のコツ(商売繁盛きっかけ)

僕の父は物流会社を経営していました。

今から15年以上前ですが、
僕は跡継ぎをいうことで、
大手コンピューター会社を辞めて
家業を手伝うことになったんです。

でも、当時はどうも父と肌が合わず
勘当同然に飛び出したんです。

「飛び出したのはいいが、何も仕事がない!」
という状況でした。

色々考えて、有機栽培の宅配ビジネスを始めたのです。
当時はパソコン1台で在宅ビジネスで稼ぐなどありませんから、
超リアルな商売を始めたわけです。

ビジネスをいっても、
資金がなかったので、
個人商店の宅配版です。

なぜ宅配版かというと、
店を構える資金がなかったからです。

東京の自然食品店に配送に来ている、
茨城県の農業の方を見つけ、
配達のついでに自分のところにも
商品を分けて欲しいとお願いしました。

「通り道だからいいよ!」
とOKを貰いました。

翌早朝、地方で取れた有機野菜が
僕がオフィスとして借りた1ルームのアパート
の前に届くようになったんです。
(ある意味在宅ビジネスかも・・)

それを、数種類組み合わせてパックにし、
『朝とりたて有機野菜パック』
の出来上がり!

その野菜パックに
他で用意したお米とか、食品を
自分の持っていたワゴン車に入れて
宅配を始めたのです。

ある日、茨城の農家より、
とれたてのにんじんが届いたのです。

そのにんじんには、
大きな葉っぱが付いていたんです。
(スーパーで買うと実の部分だけじゃないですか、
見たことがなかったんです。)

そこまでは有機栽培らしくて良いのですが、
問題は、実の部分が小さく葉っぱばかりなのです。

実の部分が大人の親指よりちょっと大きい位しかありません。

さっそく、
その農家にクレームの電話を入れました。

「まだ育っていないような野菜を送らないでください!」
と言ったのです。

でも私が無知でした。
にんじんの葉っぱの方が商品だったのです。

にんじんの成長初期の葉っぱを
てんぷらにして食べるのです。

「にんじんの葉の天ぷらって知っていますか?」
私はこのビジネスをはじめるまで知りませんでした。

にんじんが成長してしまうと、
葉っぱの栄養が実の部分へいってしまうので、
その前に葉っぱを食べる習慣があるとのことでした。

私もさっそく天ぷらにして食べたのですが、
旨いこと!旨いこと!

あの味は今でも忘れられません・・。

それに、にんじんの葉っぱの食べ方を
配送先の家で主婦の方にするとうけちゃうんです。

「へー、そうなの?」
「本当においしかったよ!」
と言って貰えました。

商売繁盛です。
商売は何がきっかけになるか分かりませんね!
在宅ビジネスも進めるうちに商売が好転するきっかけが必ずあります。

それをゲットしてください。

在宅ビジネスを遊び感覚で進めてみる

子供が遊ぶように在宅ビジネスをするのが成功のコツです。

在宅ビジネスは一人で家の中でパソコンに向かう時間が多いと思います。うまく行かないときは暗く落ち込んでしますときもあるかもしれません。そんな時は遊び感覚で仕事をしてみては如何でしょうか?

例えばパズル感覚でビジネスをしてみる。
そうすると、『ジグゾーパズルの絵が見えた!』という瞬間が来ます。

ピース1個1個には何が描かれているか分からない・・・。
検討も付かない・・・。

でも、そのピースが塊りをなすと、
その部分に描かれているイメージが涌き上がる。

その塊りが1個、2個、3個・・・
と増えるにしたがい全体像が見えてくる。

在宅ビジネスの高収入を得るの全体像が見えてきたりします。

始めのことは、
「パソコン1台でどうやって稼ぐのだろう・・」
「なにをやったらよいのだろう・・」
「???」
の状態から皆スタートを切ります。

情報商材などの「稼ぐマニュアル」と購入して作業を進める。
在宅ビジネスの成功に向けて進むと幾つもの壁にぶつかります。
マニュアル通りに進むもの、進まないものがあります。

マニュアルに書いていないことは自分で解決しないとなりません。
そこで大切なのは自分なりに試行錯誤してみることです。

あきらめないで、人に頼らず自分で試行錯誤する気持ちを持つことが大切です。

壁を1つ乗り越えると、
パズルの一塊が出来ます。

塊りがいくつか出来ると塊り同士がつながりははじめます。
その繰り返しでパズルの全体像が浮き上がってきます。

とにかく深刻に考えずに、楽しい気持ちで試行錯誤しながら
遊び感覚で在宅ビジネスを進めてみる。

その先には成功が待っている。

在宅ビジネスとインターネット2

在宅ビジネスインターネット

インターネットが商用利用され始めた10年以上前のことです。
テストを兼ね、ECサイトで化粧品の販売をした経験があります。
『結果、インターネットで商品を売っても売れないのです・・・』

購入者はインターネットで情報だけ収集して、
商品はリアルショップで購入するのです。
現在のように在宅でパソコンを利用した情報配信がビジネスになる
ようなことは夢にも考えられませんでした。

「それじゃあ」と思い、
「ネットで購入したら2割引き」
という旗を揚げました。

でも、お客はリアルショップで購入するのです。

「???」

当時、いつも、
「?」マークが頭の上に3つ以上は付いていました。

「インターネットってなんだ?」

今までのビジネスの常識では、
「販促メディアで宣伝し→商品が売れる」でしたが、
ネットは違うのです。

まさしく「半導体」なのです。

「お金」という物資を通し易い「導体」と、
通さない「絶縁体」の中間なんだということに気付きました。

「こりゃー、この世のモノじゃないな!」
という感覚を持ったのを覚えています。

「異次元から来たモノ」と考えるようにしました。

さて、この異次元から来たモノ、
絶縁体の性質なのですが、ある条件のもと導体に変わります。

ある条件が揃うと、「お金」という物質を良く通すのです。

この条件を揃えることが、
在宅ビジネスにおいての「インターネット使用上の注意」です。

「条件」とは、インターネット空間に、
「仮想トンネル」を作ることです。

情報発信者とネット閲覧者の間に、
仮想のトンネルを作ってしまうことです。
ここがパソコンで稼ぐ在宅ビジネスの成功のコツです。

ネット閲覧者は、インターネット上の情報は無料という意識を持っています。

そして、『自分の抱えている問題を解決するために』
『解決策』の情報を求めてネットを検索します。

そこにセールスを掛けても売れません。
例えば情報商材を在宅ビジネスとして販売しても売れません。

『情報』を求めて来るので、『情報』を返すしかありません。

でも、その情報の返し方によっては、
双方の間に仮想トンネルを構築することができるのです。

『信頼』『親しみ』『興味』『仲間意識』『理解してくれる人』
などの人間的な要素で仮想トンネルを作ります。

するとインターネットが、
ブロードキャスト状態からプライベート状態に切り替わります。

「1」対「全体」から
「1」対「1」となります。

あまり明るい話題ではありませんが、
ネット上で知り合い一緒に自殺するなんて事件が
まれに発生します。インターネット恐るべしです。

全然知らない人同士が、ネットをきっかけに、
「死」を共存するのですよ・・。(ひえ~驚き)

ネットのパワーは物凄いものがあり、
使い方を間違えると死んでしまいます。
使用上注意してください。


くれぐれも人を殺さないでください。(本当だよ)

在宅ビジネスでの商材の販売の話に戻りますが、
情報発信者とネット閲覧者の間に仮想トンネルができ、
プライベート接続されると、『有料情報』を通すことができます。

在宅ビジネスが動き出します。

そして、大切なのは商材を売る目的だけで、
プライベート接続をするのではなく、
仲間として「GIVE」することです。

まずは、ネット閲覧者の悩みを解決するという
視点に立つことを忘れないでください。
ここに在宅ビジネスの成功の鍵が隠されています。

まさに「GIVE & TAKE」の世界です。
「GIVE」が先に来ます。
「TAKE & GIVE」ではないので注意しましょう!

さて、貴方はどんな『仮想トンネル』を作りますか?

正しい使い方をした、仮想トンネルが増えるに連れて、
生活を豊かにする情報がネットに流れ、
人々に生活が向上し、新しい社会ができます。
在宅ビジネスが世の中を変えることになるかもしれません。

その仮想トンネルの突貫工事が
在宅ビジネスを展開する人の仕事なのかもしれません・・・。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

在宅ビジネス

Author:在宅ビジネス
FC2ブログへようこそ!

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。